私が”人生疲れた”と思った時に心を癒す母との思い出 – 『憧れの人、尊敬する母へ』

PR

私の母は、待ちに待ってやっと出来た女児でした。

とても可愛がられ、大切に育てられたのです。

だからと言って、わがまま放題ではなく、躾も厳しかったようです。

性格は、苦労して人生を渡ってきた祖父に似て、口数が少なく、大人しく穏やかでした。

私は、父親似だと言われる通り、明暗がはっきりとした性格で、幼い頃から男まさりで、かなりわがままでした。

そんな手に負えない私ですのに、母は決して咎めたり大きい声で叱ったり、ましてや叩いたりすることもなく、私が自分の思いのままにならず泣き叫んでいても、じっと黙って耐えているような人でした。

そして、兄弟姉妹の間で口喧嘩をして、姉達が私のことを母に告げても、穏やかに「そこがY子の良い所よ」と返答したそうです。

私の行動を温かく見守り、口先だけで制止されたような記憶はありません。

何に対しても恐れず、チャレンジ精神で前進出来たのは、どんな体験も黙って見守ってくれた母の強さ、そして優しさのお陰であると思います。

温かい愛を、夫や子供、親にはむろん、近所の人々にも与え続けた、すばらしい母でした。

嫁と姑、近所の問題など、様々な悩みを抱えて、母に相談に来られた方も大勢いました。

母は口が固いので、近所の方々からも信頼されていたのでしょう。

外見は地味で、とても静かな雰囲気の母でした。祖父と共に衣類と呉服の商売を営んでいましたが、母が亡くなって十年になろうとしている今、やっと気づいたのです。

それは、平凡な生涯ではなく、むしろ、人の真似できない、深い愛と思いやりに満ちた、純度の高い精神レベルの人であったということです。

自分のことよりも、常に、家族や身近な人々を助け、包みこんでくれ、温かい安らぎを感じさせてくれる人でした。

他の人の幸せを祈り、一瞬一瞬を、喜びの笑顔で多くの人々に接していた母の眼差しは、決して忘れることは出来ません。

私も、心が荒れた時、悲しい時には、母の力強く温かい励ましを思い出して、新たな勇気をもらい、努力していこうと思います。

そして「深い愛と思いやりを本当にありがとう!」と、天国の母へ、感謝のメッセージを送りたいと思います。

もし来世で生まれ代わったら、母の魂に出会い、どうか、ご恩返しをさせて下さいと、神様に祈るのです。

このような素敵な魂の人を、今生、母としてご縁をいただいたことに有難く感謝しています。

執筆者:佐藤さん

PR
-----

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-13

    感謝あって始めて人生は豊かに!私たちは幸せにしてくれる心のありかたとは?〜『一誠の感謝と報恩の心』〜

    (頭の中に ”あらわれる” 最近思うことー。) 幸せな人生へと導いていくものとして、感謝の心❤…

おすすめ記事

  1. 長い間働きながら、主婦を、母を、妻を、と過ごして来て、一転専業主婦に戻りました。 今は、しばら…
  2. 落ち込んだり、体もダルかったり…。何かと弱気になってしまう日々が続いていた。 そんな時、ふと、…
  3. 岩倉信弥氏(本田技研工業・元常務)は30代半ばの頃、本田技研工業のデザインチームの一員として新型乗用…

【インスタグラム】日々の出来事^^

LINE登録はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^♪〜

今後のイベント(調整中)

今後のイベントはありません

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る