感謝の気持ちで食す – 『心で味わう力こそ、美味いと感じる力なり』〜日々の食事にありがとう!〜

PR

 毎日生きていくうえで、口に入れなくてはならないものが『食べ物』であります。

食を通じて、元気にもなれば病いにもなる、そんな大切なもの!

 私の子供の頃は、終戦後で食べ物が少なく、何を食べても本当に美味しかったものです。

その中でも特に、母が「ようかんを作ろう」と言って、芋ようかんを作ってくれたのを今でも覚えています。

 当時は小豆もなく、砂糖もなく、さつま芋を蒸し練ったのを、寒天で固め、芋の甘みを引き出し、おやつとして頂いたものでした。

 現在は、何不自由なく食べ物があり、夏には冷したスイカ・カキ氷・そうめんに、冬には温かいウドン鍋・スキヤキ・甘酒。

また、秋には、いろいろな果物があり、時には高価なビフテキやお刺身をいただくこともあります

しかし、何をいただいても、お店で品物とお金を交換している感じがして、心に残る感動が少なくなっているようです。

 母の味がいついつまでも残る心の味、愛の味が懐かしいものです…。

 ところで私たちは、四季折々に海山里の恩恵を受けています。

そして、海の食材、山の食材、里の食材が、バランスよく調理されて食膳に並ぶまでには、多くの人の手が携えられ、ご苦労を経て、食べ物は私達の口に入るわけです。

でも、海山里それぞれは、私達が作ったものでしょうか?

 人間に喜んでもらいたい、楽しんでもらいたいと、大自然が育て、導いてくださったものではないでしょうか。

口に入れて、噛み締めて噛み締めて、大自然の恵みと人々に、感謝の心が持てるようにしたいものです。

丸呑みでは、味がわかりませんから…^^;

 また、美味しいものを食べても、体調が良くないと美味しく感じられませんし、いくらお金があっても、病気の人は(本来の食材を味わい)食べることも出来ません。

この世には、そういう人達がたくさんおられます。

病院で点滴だけで何日も過ごしたり、お腹に穴をあけてパイプで流動食を入れている人もいます。

そんな方たちがいる中での、私たちなのですから、『食べること』を当り前なことではなく、今一度、感謝の心を持って頂きたいですね

(引用元:HAPPY ONE Vol.266 P14-15)

PR
-----

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-13

    感謝あって始めて人生は豊かに!私たちは幸せにしてくれる心のありかたとは?〜『一誠の感謝と報恩の心』〜

    (頭の中に ”あらわれる” 最近思うことー。) 幸せな人生へと導いていくものとして、感謝の心❤…

おすすめ記事

  1. 長い間働きながら、主婦を、母を、妻を、と過ごして来て、一転専業主婦に戻りました。 今は、しばら…
  2. 落ち込んだり、体もダルかったり…。何かと弱気になってしまう日々が続いていた。 そんな時、ふと、…
  3. 岩倉信弥氏(本田技研工業・元常務)は30代半ばの頃、本田技研工業のデザインチームの一員として新型乗用…

【インスタグラム】日々の出来事^^

LINE登録はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^♪〜

今後のイベント(調整中)

今後のイベントはありません

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る