【人生は始まったばかり】何事も遅すぎる出発はない!意識一つで世界は大きく広がる

PR

落ち込んだり、体もダルかったり…。何かと弱気になってしまう日々が続いていた。

そんな時、ふと、光をまとって私を包み込むかのような言葉が、降りてくる気配を感じたのだ。

引用は「素敵に老いゆく」という題の本。著者は、清川妙さんである。

「もう歳ですから」とか「今更ね」とかの言葉の下に続くのは「できません」とか「とても無理です」と言うような、ネガティブな言葉である、と。

私もつい、こうした思考になってしまう日々があった。

「もう」とか「とても」の言葉のもつ魔術に引っかかってしまうのである。安易の方に流れたら、
それゃ楽ですもの。

しかし、その方に流れたら、決して日常は光らないし、輝かないのは自分がよく知っている。

だからこそ、悩むのである。上がったり下がったりする私なのだった。

清川さんの本の続きを読んでいくと「大草原の小さな家」の作家、ローラは、なんと、この物語を63歳で書いたとある。私より10歳近くお姉さんの頃ということになる。

なるほど、それで遅すぎる出発はないと言うフレーズになるのだった。

何かをやりたいと思ったら、その時が始める時なのだろう。

あきらめず継続することが才能の1つだとも言える。

歳を言い訳にして、やらないと言う程度なら、それは、本当はそれほどやりたいと言うことではないということだろう。

『遅すぎる出発はない!』

この言葉は、心の中で今日もリフレインしている。

自称アマチュア詩人の私、節々が痛いやら、肩こりでスランプと、言い訳していたが、これらの感情は、もうシャットダウンである。

やりたい時がやってる時。そう自分を励まして、今日も布団から起き上がろう。

『遅すぎる出発はない!』

これが、今の私の心の支えになっている。

朝の起床時に五回、床に入る前に五回。

声に出して唱えて、後ろ向きにならないように、励まし、励まされている。

(引用元:Happy one 4 vol.344, 執筆者:R.Sさん)


-----
PR

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-13

    感謝あって始めて人生は豊かに!私たちは幸せにしてくれる心のありかたとは?〜『一誠の感謝と報恩の心』〜

    (頭の中に ”あらわれる” 最近思うことー。) 幸せな人生へと導いていくものとして、感謝の心❤…

おすすめ記事

  1. 長い間働きながら、主婦を、母を、妻を、と過ごして来て、一転専業主婦に戻りました。 今は、しばら…
  2. 落ち込んだり、体もダルかったり…。何かと弱気になってしまう日々が続いていた。 そんな時、ふと、…
  3. 岩倉信弥氏(本田技研工業・元常務)は30代半ばの頃、本田技研工業のデザインチームの一員として新型乗用…

【インスタグラム】日々の出来事^^

LINE登録はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^♪〜

今後のイベント(調整中)

今後のイベントはありません

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る