【あなたにとって家族とは】わが子の夢、知っていますか?

PR

小学校では3月になると、6年間の学業を終えた子供たちを送り出す卒業式があり、4月になればまた新しいランドセルを背負った初々しい1年生の姿が見受けられるようになります。

そのランドセルには、親たちの思いや子供たちの夢と希望がいっぱいに詰められています。

希望に満ちた子供たちは、同級生とのふれあいを通じて、感受性豊かな心を育んでいきます。そして成長と共に、だんだんと「自分は〇〇になりたい」と自分の将来像を思い描くようになっていくのです。

我が子が思い描いている夢を知っていますか。その夢を共有し、実現させるための課題を一緒に考え、夢の課題を自分の力でクリアさせていくためのアドバイスは、子供が大きく夢を膨らませていく鍵のように思います。

フィギアスケートの浅田真央選手は5歳のときに、姉の舞さんと共にフィギアスケートクラブに入会しました。その後、オリンピックのメダリスト「伊藤みどり家タラ・リピンスキー(米国)」憧れ「メダリストのように、氷上で舞いたい」という夢を抱くようになったのです。

その娘たちの夢を見守る母親の匡子さんは、早くに両親を亡くしており、残された姉と2人で苦労してきました。

その分、匡子さんは「自分の娘たちには好きなことをやらせたい」という親心でいっぱいだったのです。

娘たちに対して「世の中には、自分の好きなことを出来る子ばかりじゃない。

家庭の事情から自分の好きなことができない子も、病気やケガで思うように動けない子もいる。

だからスケートができることを当たり前に思ってはいけない…」と戒め、激しい練習に挫けそうになると厳しく叱咤激励の言葉を出すこともあったといいます。

そうした親の愛を汲みながら練習に励んだ浅田真央選手は、小学6年生のときにはフィギアスケートの「天才少女」と呼ばれるようになったのです。

そして2010年のカナダでの冬季オリンピックでメダリストとなり、親子の夢を一歩実現させたのです。

ここまで成し遂げることができたのも、匡子さんの「娘たちの夢を実現させてやりたいーー」という親心があればこそだったのではないでしょうか。

すばらしい言葉に出会いました。

愛してくれる人が居るとは、何と素晴らしい事でしょう。

愛の溶け込んだ言葉は心に宿り、空気と混ざり合い、世界に広がってゆきます。

あなたの笑顔も涙も全て人生の証。

忘れる事ができないあなたではなく、一生忘れることのないあなたへーー。

(引用元:”Happy one 3″ vol.331 P66-67,執筆者:T・I)
(Picture from freeimages.com

PR
-----

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-13

    感謝あって始めて人生は豊かに!私たちは幸せにしてくれる心のありかたとは?〜『一誠の感謝と報恩の心』〜

    (頭の中に ”あらわれる” 最近思うことー。) 幸せな人生へと導いていくものとして、感謝の心❤…

おすすめ記事

  1. 長い間働きながら、主婦を、母を、妻を、と過ごして来て、一転専業主婦に戻りました。 今は、しばら…
  2. 落ち込んだり、体もダルかったり…。何かと弱気になってしまう日々が続いていた。 そんな時、ふと、…
  3. 岩倉信弥氏(本田技研工業・元常務)は30代半ばの頃、本田技研工業のデザインチームの一員として新型乗用…

【インスタグラム】日々の出来事^^

LINE登録はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^♪〜

今後のイベント(調整中)

今後のイベントはありません

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る