【目標を設定する理由とは?】目標に向かって、具体的な実行計画を立てる〜

PR

河川敷の球技場で少年野球の試合を行っていました。

「カキーン」とバットに弾かれた打球を追いかける内野手の少年。

打った少年は必死に一塁ベースに走りこんだ。間一髪セーフとなり、満面の笑みで片腕を高く突き上げる。

その間に三塁ベースからの走者がホームベースを駆け抜けた。

得点ボードには「0」の数字が五回まで続いており、六回の表に初めて「1」という数字が入った。

スタンド席で応援している親御さんたちは大喜びで「よく走った」「ヨッシャ」と声援が飛び交っていました。

親御さんも子供の将来を考えて、小学生の頃から野球やサッカーなどのクラブや各種教室を勧めているようです。

野球やサッカーは、男の子が将来なりたい職業の上位を占めており、クラブは、その夢実現への扉なのです。

日本のプロ野球だけでなく、アメリカの大リーグでも大活躍のイチロー選手。

そのイチロー選手は小学六年生の時に次のような作文を書いています。

「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。

僕は三歳の時から練習を始めています。

三歳から七歳までは半年くらいやっていましたが、三年生の時から今までは三百六十五日中、三百六十日は激しい練習をやっています。

だから一週間で友達と遊べる時間は五、六時間です。

そんな練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです・・・。」と。

凄いですね。

イチロー選手は小学生の時には、すでに具体的な目標を定め、その目標に向かって自発的に日々練習を積み重ねていたのです。

その軸を狂わさない熱い思いと努力の積み重ねが、今日のイチロー選手の礎となっているのです。

自分が決めた目標に対して、具体的な計画を立て迷うことなく挑戦していくことです。

もちろん行動を起こすことによって、大きく立ちふさがる壁は必ず出てきます。

Picture : freeimages.com


その壁にぶつかって「やっぱりダメだ」と諦めてしまうのではなく、その壁は目標達成への関門であり、最大のチャンスと捉えていくことが大切なように思います。

これは山の山頂を目指して登山しているのと同じで、頂上への登山道は一本だけではなく、自分が見過ごしている別の登山道があるはずなのです。

ですから後戻りをしてでも、その見過ごした別のルートを捜し出し、目標に向かって再挑戦していくことが大切なように思います。

すばらしい言葉に出会いました。

百回あるチャンス、一度も行動に移さなければ、その百回は存在しなかったのと同じ。全ての人の行動には、成功と失敗の両方が見え隠れしているでしょう。

でも、結果の成功や失敗なんて、実はあまり重要ではないのです。なぜなら自分の可能性を信じて使う百回あるチャンスに、もう成功は見えているのです。

目標に向かって 具体的な実行計画を立てよう

everystockphoto.com

河川敷の球技場で少年野球の試合を行っていました。

「カキーン」とバットに弾かれた打球を追いかける内野手の少年。

打った少年は必死に一塁ベースに走りこんだ。間一髪セーフとなり、満面の笑みで片腕を高く突き上げる。

その間に三塁ベースからの走者がホームベースを駆け抜けた。

得点ボードには「0」の数字が五回まで続いており、六回の表に初めて「1」という数字が入った。

スタンド席で応援している親御さんたちは大喜びで「よく走った」「ヨッシャ」と声援が飛び交っていました。

親御さんも子供の将来を考えて、小学生の頃から野球やサッカーなどのクラブや各種教室を勧めているようです。

野球やサッカーは、男の子が将来なりたい職業の上位を占めており、クラブは、その夢実現への扉なのです。

日本のプロ野球だけでなく、アメリカの大リーグでも大活躍のイチロー選手。

そのイチロー選手は小学六年生の時に次のような作文を書いています。

「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。

僕は三歳の時から練習を始めています。

三歳から七歳までは半年くらいやっていましたが、
三年生の時から今までは三百六十五日中、
三百六十日は激しい練習をやっています。

だから一週間で友達と遊べる時間は五、六時間です。

そんな練習をやっているのだから、
必ずプロ野球選手になれると思います。

そして、

その球団は中日ドラゴンズか、
西武ライオンズです・・・。」(中略)

(Reference: Ichiro’s_essay

凄いですね。

イチロー選手は小学生の時には、すでに具体的な目標を定め、その目標に向かって自発的に日々練習を積み重ねていたのです。

その軸を狂わさない熱い思いと努力の積み重ねが、今日のイチロー選手の礎となっているのです。

自分が決めた目標に対して、具体的な計画を立て迷うことなく挑戦していくことです。

もちろん行動を起こすことによって、大きく立ちふさがる壁は必ず出てきます。

その壁にぶつかって「やっぱりダメだ」と諦めてしまうのではなく、その壁は目標達成への関門であり、最大のチャンスと捉えていくことが大切なように思います。

これは山の山頂を目指して登山しているのと同じで、頂上への登山道は一本だけではなく、自分が見過ごしている別の登山道があるはずなのです。

ですから後戻りをしてでも、その見過ごした別のルートを捜し出し、目標に向かって再挑戦していくことが大切なように思います。

すばらしい言葉に出会いました。

百回あるチャンス、一度も行動に移さなければ、その百回は存在しなかったのと同じ。

全ての人の行動には、成功と失敗の両方が見え隠れしているでしょう。

でも、結果の成功や失敗なんて、実はあまり重要ではないのです。

なぜなら自分の可能性を信じて使う百回あるチャンスに、もう成功は見えているのです。


-----
PR

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-13

    感謝あって始めて人生は豊かに!私たちは幸せにしてくれる心のありかたとは?〜『一誠の感謝と報恩の心』〜

    (頭の中に ”あらわれる” 最近思うことー。) 幸せな人生へと導いていくものとして、感謝の心❤…

おすすめ記事

  1. 長い間働きながら、主婦を、母を、妻を、と過ごして来て、一転専業主婦に戻りました。 今は、しばら…
  2. 落ち込んだり、体もダルかったり…。何かと弱気になってしまう日々が続いていた。 そんな時、ふと、…
  3. 岩倉信弥氏(本田技研工業・元常務)は30代半ばの頃、本田技研工業のデザインチームの一員として新型乗用…

【インスタグラム】日々の出来事^^

LINE登録はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^♪〜

今後のイベント(調整中)

今後のイベントはありません

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る