【感謝が循環する毎日に】絆とつながりを大切にしていくということ

PR

(防災対策)と聞いて…私は、岡山県は災害が少ないから大丈夫だろうと安心していました。

しかし、一昨年の東日本大震災の映像を見て以来、自然災害の持つ本当の恐ろしさを思い知りました。

また近い将来に予想される地震などもあり、各家庭で防災対策を考える必要性があると痛感しています。

ところで最近では、ホームセンター等で多くの防災靴を見かけるようになりました。

ただ、いざ具体的に考えてみると、どこまでの準備が必要なのか?そうした疑問点が数多く浮かんできて、自分自身を振り返ってみると、10分安心できる防災対策ができていない気がします。

ただし、我が家では、水とサランラップは多めに用意しています。

サランラップは、いろいろなものに対応できるからです

また、我が家は共働きである上に、各家族です。

昼間などは居場所がバラバラで、主人公と私はそれぞれの職場で、子供たちは学校などにいます。

そうなると、実際に災害が起こったときの、家族全員の安否確認について、とても心配です。

回線がパンクして、携帯電話などでの連絡が取れにくくなる可能性が高いからです。

また、交通機関や車での移動などにも大きな影響が出ると思いますから、家族みんなが顔を揃えるまでに、かなりの時間を要するであろうと予想されます。

そうした場合の連絡の取り方については家庭の中で前もって話し合っておく必要があると思います。

まずは避難場所の確認です。

そして、ご近所さんとの日々のお付き合いの中から生まれる、各家庭の事情の把握も必要です。

いざと言う時に、朝には助け合える関係を築いて行くことを、普段から心がけようと思います。

まだまだ防災対策をしっかりしないといけないとは思いますか、そのつながり、絆を大切にしながら、何か起こったときには、みんなで助け合いたいと思います。

災害が起こらないのが1番ですけど…。


-----
PR

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-13

    感謝あって始めて人生は豊かに!私たちは幸せにしてくれる心のありかたとは?〜『一誠の感謝と報恩の心』〜

    (頭の中に ”あらわれる” 最近思うことー。) 幸せな人生へと導いていくものとして、感謝の心❤…

おすすめ記事

  1. 長い間働きながら、主婦を、母を、妻を、と過ごして来て、一転専業主婦に戻りました。 今は、しばら…
  2. 落ち込んだり、体もダルかったり…。何かと弱気になってしまう日々が続いていた。 そんな時、ふと、…
  3. 岩倉信弥氏(本田技研工業・元常務)は30代半ばの頃、本田技研工業のデザインチームの一員として新型乗用…

【インスタグラム】日々の出来事^^

LINE登録はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます^^♪〜

今後のイベント(調整中)

今後のイベントはありません

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る